地域の老人ホーム紹介雑誌を熱心に読む長所と短所とは

  • 持病があっても安心の老人ホーム紹介

    • 高齢になって持病をもつようになった方は、老人ホーム選びに困ってしまう場合があります。



      老人ホームの中には、医療機関との提携をしていなかったり、看護師が常駐していないところもまれにあるからです。その場合は、入居条件に「自立した生活ができる方限定」などと明記しています。


      また、高齢の方の中には、老人ホームに入ってもかかりつけ医を変更したくない方もいるでしょう。



      そのような場合は、かかりつけの医療機関や医師に相談して、提携している老人ホーム紹介を依頼する方法が便利です。


      医療機関によっては、提携の関係がなく老人ホーム紹介ができない場合もありますが、かかりつけ医に紹介された医療機関と提携関係にある老人ホーム紹介があれば、高齢の方が納得してくれることもあります。
      さらに、定期的な通院が必要な場合は、その送迎を家族がするのか老人ホームで行うのかも確認しておくと良いでしょう。
      既往病があると、老人ホームの選択肢が減るという声もありますが、最近では持病のある高齢の方が多い傾向を踏まえて、看護師の常駐や医師の循環診察を取り入れている老人ホームも徐々に多くなっています。


      また、認知症の気配はあるものの家族の説得では介護施設に行かないというケースでも、専門家の話を聞くことで納得する高齢者がいるので、老人ホーム紹介は、家族ではなく第三者がした方が円滑だという考えも広まっています。
      老人ホームの選び方がわからない方にも、専門家がアドバイスを行っているので安心です。



top